ジャパンフィッシングショー2019|みなとみらい・パシフィコ横浜

ジャパンフィッシングショー2019
出展のご案内

ジャパンフィッシングショーとは

一般社団法人 日本釣用品工業会では、
釣り環境の整備及び社会貢献などの事業を通して
社会と共生できる釣りを目指し、釣り文化の創造に積極的に取り組んでいます。
その取り組みのひとつとしてジャパンフィッシングショーは位置づけられており、
みなさまと共にショーを盛り上げ、
業界の発展に結び付けたいと考えています。

ジャパンフィッシングショーとは

開催理念

“釣り文化”を創造し、健やかな未来を育む。

釣りには、自然や生命とのふれあい、道具へのこだわり、
家族や釣りファンとの交流など、多様な魅力が詰まっています。
このジャパンフィッシングショーは、日本の多様な自然と
世界最先端の技術が生む“釣り文化”を、国内外に発信する国内最大級のショー。
“釣り文化”の創造を図り、人々の健康な心と体を育むとともに、
健やかで美しい社会づくりと釣り界の発展につながる取り組みを続けていきます。

メーカーを始め、釣り業界の関係者が互いに協力し、刺激し合いながら、
釣り具の“今”を伝え、釣りにまつわる人・モノ・コトが集まる場をつくる。
そこは、お客さまにとっては、釣りの生きた魅力を肌で感じる絶好の機会であり、
出展社様にとっては業界最大級のビジネスチャンスでもあります。

釣り界の将来を見据えた、国民的レジャースポーツにするために、
私たちが創造するのは、“釣り”を通して豊かな社会に貢献する未来です。

一般社団法人 日本釣用品工業会 会長 島野 容三
出展方法のご紹介
全ての釣りファン必見、
さらに充実「釣種エリア」

ジャンルごとの釣りの“楽しさや魅力”、そして“釣り文化や技術“を訴求する
ジャパンフィッシングショーの真髄を味わっていただくエリアです。

小規模スペースで割安な
「ミニW2m/ミニW3m小間」

通常小間より小さくお得な小間をご用意しました。
「交流のある企業と隣同士で出展したい」など、そんな企業の方にオススメです。

他社と一緒に出展できる
「シェアリングブース」

複数社で一緒に出展する方法です。効率的なスペース利用と低コストでの出展が可能です。

  • 2018年 出展社の声
    他の展示会には、シェアリングでの出展という形式が無いので出展して良かった。
複数エリアに出展できる「分散出展」
1出展社で複数エリアへの出展が可能です。
「出展のご案内」をご一読いただき、
下記より出展形態をお選びください。

チケットのご購入はこちら